おまとめローンがおトクなのは消費者金融と銀行のどちら?

ローンをまとめるときに利用するのがおまとめローンです。
借入先として選ぶのは消費者金融と銀行が多いでしょうが、お得に借りられるのは後者です。
通常のカードローン、おまとめローンともに消費者金融のローンというイメージが強いでしょうが、銀行のほうが金利がお得なのです。
ほとんどの方はカードローン比較で選んでしまいますが、これは借りやすい、審査に通過しやすいなどと考えているからでしょう。
確かに昔は消費者金融と銀行では審査の難しさにかなりの差がありましたが、今は大きな差はありません。

カードローンを複数社から借りており、まとめることで返済を楽にしたい場合は、今よりも低金利で借りられること、そして一本化する資金をまとめて借りられることが大切となります。
この条件を満たせるのは銀行のおまとめローンであり、低金利かつ総量規制対象外というメリットがあります。
総量規制の対象になる消費者金融の場合だと、おまとめ資金を一括で借りられない可能性があるのです。
年収の3分の1が借入できる最高額であり、他社のカードローンの利用額も合算されるからです。

銀行ローンのメリットは、おまとめ専用ローンに限らずおまとめができることでしょう。
通常の銀行カードローンの場合でも、おまとめ不可などと条件指定がなければおまとめローンとして利用できます。
金利、利便性を考えても、銀行のローンでまとめたほうがよいでしょう。
今までの利用履歴に問題がなければ、借入できる可能性が高いはずです。

, ,

Post navigation